Welcome to my homepage

マッサージの種類はなぜ多い?

人を癒す手段として最も人気が高い手法の一つであるマッサージ。 古くから色々な国で様々な種類のマッサージが施されており、今日まで伝わり続けているものも数多く存在します。

身体の一部分をマッサージするものですと、頭、首、肩、腕や腰、ふくらはぎ、足の裏等を集中的に行うものがあります。またオイルなどの道具を用いて行う方法やタイ式や韓国式など国や地域によって独自に発展したマッサージもあります。

このように一口にマッサージと言ってもその数や種類は非常に多いと言えますし、実際マッサージの専門店は全国に数えきれないほど多くなっています。なぜマッサージの種類はこんなにも多いのでしょうか。

そもそもマッサージとは身体を揉むという意味があり、その歴史の始まりはヨーロッパの医学にあります。現代の日本では民間療法として広く普及をしていますが、もともとはギリシャの医学から始まっており、16世紀のフランスにおいても論文が発表されるなど中世西洋医学として重要視されていたのです。

その後は18世紀から19世紀にかけてスウェーデンやドイツオランダなどのヨーロッパ諸国に広まり、ヨーロッパの諸国で研究が進んで各国独自の術式が開発されていったのです。

一方で日本におけるマッサージは按摩が原型となっています。按摩は古くに中国から伝わった手技療法であり、この按摩が日本独自の進化を遂げて指圧が誕生しました。

指圧は後に国家資格として認められ、一部健康保険が適用される医療行為の類似系として発展をしてきましたが、近年では医療行為よりもリラクゼーションに比重を置いた指圧手法が多くなっています。リラクゼーションが主な目的であるため保険は適用外となり、こうしたリラクゼーション主体の指圧に様々なアレンジが加えられて、今日ではその種類や手法が多種多様化しているのです。

つまりマッサージの種類が多いのは、もともとは医療行為として研究されていた西洋医学が長い年月をかけて世界各国に広まったことに始まっています。身体を揉むという西洋医学はその後各地域で、それぞれ独自に進化や発展を遂げ、その国や地域に適したものに形を変えていったのです。 このような背景によって、現在では数えきれないほどの種類まで増えていったのです。

日本国内では、リラクゼーション目的が強く、またリラクゼーション目的であれば医療行為ではないため比較的開業がしやすいといったことも影響しているでしょう。そのため全国に多数の専門店が存在しているのです。

注目サイト


▲pagetop